祝1000アクセス記念(保存 木曽森林鉄道)  
 
     祝1000アクセス(ショボい。。。)記念としてはいささかお粗末ですが、当サイト表紙に使っている写真の場所の紹介です。
 既にご承知の方も多いとは思いますが、これは千葉県習志野市に保存されている木曽森林鉄道(王滝森林鉄道)の保存車両です。
 実は管理人はこの近くに数年住んでいたことがありました。鉄を完全に忘れていた頃でしたので毎日のように横を通り過ぎても全く気にすることの無い空気のような存在でした。引っ越す頃に「鉄復活」を始めて遅ればせながら写真を撮りに出かけました。保存車両は趣味対象としない私ですが、それでも生まれていたとはいえ、まだ幼い子供だった頃に無くなってしまった鉄道、しかも遠く離れた土地の車両に触れることができるなんて何とも不思議な気持ちですね。
 津田沼駅からはちょっと離れた森林公園という公園の一角に屋根付きの状態で保存されています。なので錆や腐食が目立つとはいえ、割と保存状態は良いのではないでしょうか。
※写真は全て2014/6/3撮影
 
田島停車場の標識が。。。    
   
公園の展示看板             
木曽王滝森林鉄道は'75/3廃止、翌年ここへ移設されました。
№92             
周りに格子フェンスが設置されています。軌間は762mmだったようです。
     
№92             
若干錆が目立ちますね。案内看板によれば「GB4型5t」です。
 
   
№92キャブ内             
運転台席は広いです。ホコリが積み重なってひどい状況です。
№92             
後ろから見てみました。
     
運材台車を挟んで客車が連結されています。
案内看板によれば形式「B大」定員15名。助六と車体に書いてあります。
 
   
窓枠に釘が打ってあって、扉には南京錠があって開かないようです。
定期的に塗装してるのでしょうか?
     
運材台車。よく見ると線路もきちんとしてありますよね。
[参考文献]
○ウィキペディア 木曽森林鉄道