管理人プロフィール

ハンドルネーム てつよし(tetuyosi)
年 齢 581系月光型電車が登場した年です。
地 域 関東近郊です。
ごあいさつ  周りの友達の影響で鉄道に興味を持ったのは小学校高学年でした。カメラを持っていなかったこともあり、写真を撮るようになったのは中学生の時にオヤジのコニカFPという古い一眼レフを借りて近くの常磐線の鉄橋に行ったのが初めでした。おこずかいもなかったのでもっぱら本屋での立ち読みが趣味活動で遠くまで写真撮影に出かけることは思いもしなかったです。流電や福塩、宇部小野田、身延、大糸、南部支線といった場所も行けずじまいでした。
 中学卒業頃にはそれでも飯田線の旧形国電を初めて泊りがけで出かけ、高校生から大学生のころにピークを迎えました。カメラはそのころはオヤジのキヤノンA1を強奪して使ってましたが、撮影は相変わらず貧乏旅行でした。
 対象は旧形の車両でした。当時はそれでも全国当たり前につりかけ電車が走り、「まだまだ田舎はこのままなのかな」と思っていましたが、最近ふとネットで見てみるとステンレス車をステンレス車が置き換えるような状況で時代の変化を感じます。
 当時は、地方の電車区を訪れると機械油の匂いや鈍く光るウィンドシルヘッダー、リベットの付いたごつい車体が出迎えてくれました。まだコンビニなんてない時代、無人駅で寝泊まりし、寒い寒風やカンカン照りの中、駅間撮影のため歩き回ったことが今となってはとても良い思い出です。
 社会人になってからは、鉄道趣味どころではなく、また、電車よりも興味のあることがあるような気がして急速に鉄道の世界から離れてしまいました。青春時代の一番いい時代を電車ばかり追いかけていたので他の世界に目を向けたかったのでしょう。
 これを読んでいる若い人には鉄道だけに限らずいろいろなことに興味を持って人間の幅を拡げて欲しいです。とは言っても自分自身鉄道趣味に賭けた青春を後悔はしていません。やはり車体を前後左右に揺らしながらトコトコ走る田舎の電車が大好きなのです。
機 材 ・カメラ…コニカFP(55mm)
                キヤノンA1(50mm、200mm、一部タムロン?だったかズームレンズ使用)[いずれもすでに行方不明]

・スキャナ…エプソンGT-X820
・パソコン…lenovoG500
・ソフト…Microsoft Expression Web4[無料版]、Adobe Photoshop Elements 9
記念撮影 若かりし頃の管理人です。
国府津に残っていたクモハ40を撮影に行ったときに、電車区の方に撮影していただきました。快く電車区内を案内いただき、夏の暑い日でしたが帰りは車で駅まで送っていただいたり(時効ですよね?)、ありがたく思いました。
今は大宮の博物館にあるんですかねぇ。